肌を良い状態に保つために欠かせない成分がセラミドという成分です。このセラミドとは肌の角質層に存在している脂質の一種です。このセラミドが肌の保湿を維持する働きがあり肌を良い状態にするのに重要な鍵となっています。このセラミドという成分が不足してしまうと肌は乾燥しやすくなりバリア機能が適正に働くなくなってしまうわけです。そして前述したようにバリア機能が低下した肌が外部からの刺激に無防備にさらされることになってしまいます。

アトピー肌をきちんとケアするためには肌に必要な成分を補い、バリア機能を回復させてくれる保湿剤を使用することが大事です。肌の表面をしっかり守り、さらに水分量を保持する保湿剤が必要です。保湿剤もすべてが同じ仕組みではなく、外気の水分を吸着するタイプや水分を抱え込んで保持するものなどさまざまですので、医師と相談しつつ自分の肌や症状に合うものを選択していくようにしましょう。

アトピー肌を改善するためには化粧品の保湿剤などを上手に用いることと、根本的な生活習慣や食習慣を変えていくことが求められます。辛抱強さが求められることですが、さまざまな改善策が登場してきていますので専門家の意見を参考にしつつスキンケアをしていきましょう。

アトピー肌に保湿が大切ということが言われていますが、基本的にどんな肌の人でも保湿は大切です。水分を失わないように保湿するために多くの人が努力を払っており、女性だけでなく男性でも化粧水や乳液をしっかりと用いている人は増えています。アトピー肌の人の場合、肌の表面で本来働いてくれるはずのバリアが正しく機能していないために、外部からの刺激に敏感になりすぎてしまいかゆみやひび割れが生じてしまっています。ですからアトピー肌の方はしっかりと保湿をして肌のバリアを回復させることを目標にする必要があります。

もちろんなんでも同じですが、やりすぎは禁物です。アトピー肌への保湿というものも過度に保湿してしまうとかえって肌の回復が遅くなるという結果になってしまいます。それであまりに油分をたっぷりにし過ぎるよりも、化粧水や美容液などの肌に残りにくいものを用いて定期的にケアすることが重要です。

どの程度の保湿をすべきか、人それぞれ体質によっても違ってくるのは当然ですので、医師と相談しながら適切な対処をしていくことが求められます。では具体的にどのような保湿成分が含まれているものを用いることによってアトピー肌のケアをすることができるのでしょうか。

《関連情報》【公式】アトピーの娘を持つ母親が原料開発!保湿ケア化粧品【みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)~アトケアタイプ~】

よく日本は潔癖と言えるほど衛生面に気を使う清潔な国だと言われているのを耳にすると思います。そしてその清潔過ぎるのがアトピーの原因になっているということも言われます。しかし実際アトピーが増加している原因は何なのでしょうか。アトピー性皮膚炎の患者の数はたしかに過去20年間でなんと7倍に増加していますので、なにか現代特有の社会状況がこうした状態を招いているとしか考えられません

アトピーの原因として主に考えられる理由としては食生活の変化です。欧米化が進む食生活によって加工食品や輸入食品が増加して季節外の野菜や果物も当たり前のように食べられるような時代になっています。こうした食物を大量に摂取することによってアレルギーの原因となるアレルゲンが体内に入りやすくなっていると考えられています。さらに家の中のダニやほこり、さらには汚れた大気などの環境汚染、慢性的な運動不足や過度のストレスも原因となりえます。

根本的な食事の改善なども求められますが、アトピー性皮膚炎が発症してしまった場合皮膚のケア自体も非常に重要になってきます。特に子どもは痒くてかいてしまうことが多いと思いますが、根本的な治療を続けつつどのようなスキンケアをしていけば良いのでしょうか。この記事ではアトピーのケアに関して保湿の大切さに目を向けてみたいと思います。なぜ保湿が大事なのでしょうか?どのような保湿成分が必要になってきますか?ご一緒に考えてみましょう。