日別: 2017年1月19日

よく日本は潔癖と言えるほど衛生面に気を使う清潔な国だと言われているのを耳にすると思います。そしてその清潔過ぎるのがアトピーの原因になっているということも言われます。しかし実際アトピーが増加している原因は何なのでしょうか。アトピー性皮膚炎の患者の数はたしかに過去20年間でなんと7倍に増加していますので、なにか現代特有の社会状況がこうした状態を招いているとしか考えられません

アトピーの原因として主に考えられる理由としては食生活の変化です。欧米化が進む食生活によって加工食品や輸入食品が増加して季節外の野菜や果物も当たり前のように食べられるような時代になっています。こうした食物を大量に摂取することによってアレルギーの原因となるアレルゲンが体内に入りやすくなっていると考えられています。さらに家の中のダニやほこり、さらには汚れた大気などの環境汚染、慢性的な運動不足や過度のストレスも原因となりえます。

根本的な食事の改善なども求められますが、アトピー性皮膚炎が発症してしまった場合皮膚のケア自体も非常に重要になってきます。特に子どもは痒くてかいてしまうことが多いと思いますが、根本的な治療を続けつつどのようなスキンケアをしていけば良いのでしょうか。この記事ではアトピーのケアに関して保湿の大切さに目を向けてみたいと思います。なぜ保湿が大事なのでしょうか?どのような保湿成分が必要になってきますか?ご一緒に考えてみましょう。